ブログトップ

草の糸

kusanoito.exblog.jp

お知らせ

e0212266_12215256.jpg
お知らせです。
3月12日(日)hakogalleryさんでちくちくワークショップを開催します。

無骨なエコバックにちくちくとステッチする誰でもできる簡単なワークショップです。
たくさんの色糸から糸を選んでちくちくする時間を楽しみましょう。

場所  hakogallery
日にち 3月12日(日)
時間  10:30〜15:30
参加費 6000円
お弁当つき

お申し込み、お問い合わせは infovali9@gmail.com

よろしくお願いします。







[PR]
# by kapu-kapu | 2017-02-22 12:39 | ものつくり | Comments(0)

2016年のこと

昨年の反省というか振り返ってを
大晦日に書こうと思っていたのですが
身体がだるくて(風邪)で出来ませんでした。

昨年は大まかにいうと不発?
いや、種まきな感じかも。
一昨年のように結果がすぐ出る感じではなく
なんだかもやもやすることも多くて
でも光みたいなものも見えてきた。

わたしはものをつくることに関しては
一生懸命になってしまって
人に自分のペースを押し付けてしまって
いることもあるのではないかと
いうのが昨年感じた反省。

みんな自分のペースで頑張ってやっているのに。
その人がキラキラするのが見たくて
つい、言ってしまう。
でも、そんなのおおきなお世話なんではないかと。
わたしが言えることなんてないのに。

ことばって難しい。
いくら言っても伝わらないこともある。
だから同じことばを持つひとに会った時は
嬉しくなる。

今年はもっと皮膚感覚で感じようと思う。

前に「狩猟民族的な考えだから先のことは
考えられない」と言う人と話した時
なんだかすごく新鮮でハッとした。
そして、その考え方がすごくいいなと思った。
わたしは先のことを考えては心配していて
でも先のことはわからないものね。
狩猟民族って今、目の前の獲物に集中するから
点と点が繋がっていくように思えた。
今、やるべきことをやっていたら
たどり着くみたいな。
でも、きっと感覚をとぎすましたり
勘を鋭くしていないと獲物は逃げてしまうから
そして時を待つことも大事だったり。

だから、今年はやるべきことを淡々とやって
考えるより感じる。
自分にとって必要なこと、ワクワクすること
きゅんとすることをもっと大事にしようと思う。
自分の手を信じようと思う。






[PR]
# by kapu-kapu | 2017-01-02 21:26 | 日々のこと | Comments(0)

あけましておめでとうございます

e0212266_15493565.jpg
あけましておめでとうございます。

大晦日からいきなり声がでなくなりまして。
これは風邪?
そんな感じで元旦もグダグダな一日。
今日もまだ声はかすれていますが
食欲はあるし復活しています。

正負の法則で今年はいいことがある予感。

こんな今年の幕開けですが
今年もどうぞよろしくお願いします。







[PR]
# by kapu-kapu | 2017-01-02 15:49 | 日々のこと

ひとりでは出来ないから

もう今年も終わろうとしています。
そんな年の瀬にいろいろとガツンとくる
出来事があって頭を悩ませています。

ものをつくること。
ひとりで完結できると思っていたけれど
それは間違いでした。
わたしの場合からむしを提供してくれる
昭和村があってはじめて成り立つことです。
仮にまたからむしの畑を借りて
からむしを栽培したとしても
ひとりで畑はやれません。
からむしは焼き畑をするので
わたしひとりでは危ないし
体力的に無理です。

作品も展示会をやらせて頂ける
お店があってこそです。
そして、作品を買ってくださる方がいて
ひとりよがりではないものになります。

今はこつこつと魅力的な作品を作って
少しでも欲しいと思ってもらえる
ものを作っていくことが
わたしに出来ることです。

ひとりでは人間なんにもできないし
ひとりの力って些細なものなんだなーと。

思いの強さだけでは人は動かない。

人を動かせるだけのわくわくするような
きゅんとするような布を作っていこうと思う。




[PR]
# by kapu-kapu | 2016-12-23 02:06 | ものつくり | Comments(0)

展示会も終わって

12月。
musubiさんでの展示会のお知らせもせず、
突っ走っていたら展示会の終わり、今年も後わずか。

8月に昭和村に行ってから展示会に向けて
糸績みを淡々として11月に入ってから織り、
作品に仕上げるという
作業を怒濤のようにしていました。

今回の展示会は箒の職人さんとの2人展でした。
立場もつくるということの考え方も異なる2人。
最初はどうなることかと・・・・。
2年かけてmusubiさんと箒の職人さんとわたしと
話し合い、それぞれの素材の生まれる場所に行き、
やっとこぎつけた展示会でした。

今までと違って大きな作品を作ったりアイテムを考えず
今作りたいものを作りました。
展示会をして人の目に触れることによって
見えてくるものがあります。
今後、どうやっていくかとか考えなくてはならないし
まだまだ甘さがあるなと展示会をやってわかりました。

でも、とりあえず、疲れた身体を休めて
工房の片付けをしましょう。

今回の展示会にお越し下さいました皆様
ほんとうにありがとうございました。
もっと精進してからむしの良さが伝えられる作品を
作っていきます。


[PR]
# by kapu-kapu | 2016-12-11 15:54 | ものつくり | Comments(0)